Home >> 情報 >> ブルースリー生誕70周年

ブルースリー生誕70周年

毎年秋になってくると、東京国際映画祭が開催されるのですが、その中でも「アジアの風」部門が注目を集めているそうです。2010年にはアジア発世界スターのブルースリー誕生70周年ということもあって、それを記念したブルース・リーの特集が組まれたようです。


上演作品としては、ブルースリーの代表作である、1973年公開の『燃えよドラゴン』1978年公開の『死亡遊戯』など、たくさん上映されました。また、ブルースリーの影響を受けた人たちで創り上げた作品も上映されたといいます。詠春拳を教えてくれたイップマンに扮したアクロバティックアクションを披露したり、ブルース・リーが父親という設定のベトナム映画が上映されたりと、多彩なラインナップだったそうです。


また、BGMには『ドラゴン怒りの鉄拳』に劇中曲を流してみたり、映像をあえて昔っぽく加工したりなどと、分かっているけど良いでしょ。という感じにもなっていたそうです。ブルースリーの誕生を記念したというだけあって、本来のブルースリーの作品だけを上映するのかと思っていたら、それは当然のように、ちょっとおふざけ的な映画まで、ブルースリーを崇拝し尊敬していた人たちが賛辞を贈ろうとしている人たちの作品が上映されていたのです。


上映側がこれだけブルース・リーの世界に浸るのであれば、観る側も当然その流れに乗って行きたいと思うでしょう。それならば、ブルースリーの特徴でもあった、黄色のトラックスーツを着こなして、BGMを流し、アチョーと叫びたいものではないでしょうか。
| brucelee | 20:06 | - | - | pookmark | 2013.07.16 Tuesday | category:情報