Home >> 映画 >> 考えるな感じろ

考えるな感じろ

映画『燃えよドラゴン』で言ったというブルース・リーの言葉で有名なのが、『Don't think feel』(意味:考えるな感じろ)という言葉でしょう。


聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。


人間は何かしら考えてしまいます。それは決して悪いことではないと思います。考えるからこそ色んな知恵が身につくし、答えも見つかるからです。ただし、考えることと考えすぎることは意味が違います。得てして物事を考えすぎてしまうと、答えが出るどころか、逆に不安に苛まれてしまい、堂々巡りになったりと、良いことにならないからです。


ですから、物事を考えなければならなくなったときは、考えても良いですが、ある程度の段階で開き直って感覚に頼るというのでも良いと思うのです。また、いくら考えても答えが出ないのであれば、きっとずっと答えは出ないと思うのです。考えることをやめてみると、ふとした時にハッと答えが見つかることもあるかと思います。


わたしは、それが直感だと思います。


こうして説明している事自体も考えすぎなのかもしれませんね。ブルースリー主演で『燃えよドラゴン』が大ヒットしたということもあり、「Don't think feel」(意味:考えるな感じろ)という言葉については、だいぶ有名になったそうですが、他にもたくさんの名言をブルースリーは残してくれているようなので、調べてみると面白いと思いますよ。


どんな流れでこの言葉を発したのか、見たことがない方は、一度『燃えよドラゴン』をご覧になって、確認してみてはいかがでしょうか?
| brucelee | 09:11 | - | - | pookmark | 2012.06.23 Saturday | category:映画