Home >> 映画 >> なぜブルース・リーのトラックスーツは黄色なのか?

なぜブルース・リーのトラックスーツは黄色なのか?

『死亡遊戯』でブルースリーが着ていた黄色地で黒の線が入っているトラックスーツはとてもインパクトがあり、ブルースリーといえば、その姿を思い浮かべる人は多いと思います。


では何故、トラックスーツは黄色になったのでしょうか?


実はこのことに関して、明確な意見はないようなのです。しかし、様々な意見や憶測はたくさんありますので、そのいくつかを挙げてみたいと思います。


まず、『死亡遊戯』が公開された当初から言われていたのですが、映像の色合いによるものだったそうです。
ブルースリー映画の映像では、薄暗い感じが多く、映像だけ見ていると「黒」といったイメージになるでしょう。そこで主演のブルースリーを目立たせる意味合いとして、黒に映える色を考えていたら、黄色だったということだそうです


そして、黄色いスーツの脇にある黒のライン、ブルースリーの動きをよりインパクトにあるようにシャープに見せられるように入れられたと言われています。この効果は、映画ではきちんと出ているようで、映像のどこにブルースリーがいても、黄色いスーツで一目でわかりますし、遠くにいても黒の線が動くため、動きも把握しやすくなったのです。また、汗や流れたちも綺麗に映り、映像効果を高めていたようです。


ブルースリーが着ていた黄色いトラックスーツというのは、その次代では奇抜だったのかもしれませんが、良く考えてみると見ている私たちにも分かりやすいようにするために着たのではないかという説が有力のようです。
| brucelee | 21:49 | - | - | pookmark | 2012.06.18 Monday | category:映画